税理士に相談する利点

相続を税理士に相談するメリットについて考えてみます。相続財産に土地や不動産がある場合、相続を税理士に依頼する利点は多いといえます。一つ目は税務調査を回避しやすいこと。もしも申告書に曖昧な点があると、税務調査が入りやすくなります。税理士は、申告書を税務署員が見た時に疑問が残らないように作成することに長けています。

相続を税理士に依頼する利点のふたつ目は、土地の評価額を抑えることで節税につながることです。土地評価額は見る専門家によって異なってきます。税理士は、土地評価額を下げるための知識を豊富に持っているため、税理士に相談することで節税できる場合が多いのです。

相続を税理士に依頼する三つ目の利点は、親族とのトラブルを回避しやすいことです。親族とのトラブルが起こる理由のひとつは、土地や建物の正確な価値を判断しにくいためというのが挙げられます。また、相続に関係する法律や仕組みをよく理解できていないことも挙げられます。この点、税理士に間に入ってもらい、建物の価値や誰がどれだけ相続できるのかなどを法律的な観点から説明してもらうことで、トラブルは起こりにくくなるのです。

以上の理由から、もしも相続財産に土地や建物があるなら、相続相談を税理士にするメリットは多いといえるでしょう。

税理士に相談する利点