自分で処理できる?

相続に関係する手続きは何かと複雑で、調べれば調べるほど泥沼にハマり込んでしまう人も多いのではないでしょうか。相続相談は税理士や弁護士、司法書士を依頼することが多いですが、自分で済ませることは不可能なのでしょうか。ここではそのことについて考えましょう。

相続税に関係する申告は自分で行うこともできます。しかし、そのためには条件があります。それは相続財産に不動産や土地が含まれておらず、現金、預貯金、有価証券のみであることです。また、相続税の申告を自分で行う場合には、相続税に関係する専門知識を身に付ける必要があり、何度も税務署や金融機関に通わなければなりません。それだけの時間のゆとりも求められるでしょう。

さらに、相続税に関する申告を自分で行う場合、もしも記入に誤りがあると7年分さかのぼって調査されることもあります。そこで、もしも申告に誤りがあることが発覚し、税金の追加負担が強いられることになれば、支払いの利息が増えるなどのペナルティも発生します。こうなると、なかなか面倒です。

相続税の申告を自分で行うことは不可能ではないですが、こうしたリスクが伴うことを覚悟しておいた方がよさそうです。やはり、税理士などの専門家にお願いする利点は大きいといえます。

参考:川崎横浜の【無料】相続相談なら|ソレイユ相続相談室

 

自分で処理できる?