専門家の得意分野とは

相続相談に乗ってくれる専門家には、司法書士、弁護士、税理士、行政書士、銀行などがあります。ここでは、それぞれの得意分野、メリット・デメリットについて考えましょう。

司法書士は、不動産の名義変更を行うことができる唯一の専門家です。場合によっては弁護士も行うことができますが、それを得意としているわけではありません。ですから、相続財産に不動産が含まれている場合は司法書士にお願いするのがいいでしょう。

また、相続税の申告であれば、それができるのは税理士に限られます。そこで、もしもこれらの手続きを使用として行政書士をたのんでしまうと、別途司法書士や税理士をたのまなければならなくなり、時間もお金もかかってしまいます。上記の手続きを全部まとめてお願いしたい場合は、それぞれの専門家を探すのではなく、すべてを引き受けてくれる事務所を見つけるとよいでしょう。

そこでまとめると、相続財産が基礎控除以下で税申告の必要がないなら司法書士。相続財産が基礎控除を超えるなら司法書士と税理士。相続する建物が登記されていないなら司法書士と土地家屋調査士、場合によっては税理士も。相続争いが起こっている場合には司法書士と弁護士、場合によっては税理士も。という感じになるでしょう。

専門家に頼むときの費用は事務所によって幅があるので、予算内で、しかも扱ってほしい問題を得意分野としている専門家を探すのがポイントになるでしょう。

専門家の得意分野とは